四宮義俊 / SHINOMIYA YOSHITOSHI

四宮義俊に関する情報をお知らせ致します。


Leave a comment

本日9月23日「土」個展最終日です。四宮義俊個展『顕現SOKKI』

本日23日は個展最終日となります。時間も17時までと少し短めですのでお気をつけください。四宮も在廊していますのでまだの方は是非お越しください。

ソッキ浮遊と落下ミニ  浮遊と落下2

右『SOKKI_プラスティックドール・浮遊』2017    H1880mm x W1395mm
左『SOKKI_プラスティックドール・落下』2017    H1880mm x W1395mm
神郷紙・薄美濃紙・墨・胡粉・水干絵具・カラーインク・木製パネル

神話や宗教というフォーマットの中に見いだされる「浮遊」「落下」。すれ違い、反復しながらも世界の中では相対的な上昇を試み続ける現代。落下する中空と雲上からめでたく始まった近代の幕開けとともに顕現した二対。現代を可逆的に捉え直す分岐点として機能しうる二対ではなかったのだろうかと妄想した。19世紀西洋の厭世的なムードか文明開化の楽観的な日本か。食い違う主張のようにもみえるエポックメイキングな二作品の対比から現代に生きる私たちは絶えず迫られるupside down☆その視点はまさに今私たちが立たされている岐路を表しているように思える。
『サッフォーの死』ギュスターヴ・モロー1870年頃/『非母観音』狩野 芳崖1888年
Pre日本画史観=プレニッカン=SOKKI

 

 

 

ソッキ宝誌

『SOKKI_宝誌フィボナッチ』 2017 松材・合板 約4000mm×2000mm

その暴⼒性はエンジンに似る。再帰的な構造の中で増幅され、放出されるエネルギー。その物体が持っている実在感は内側から起りあがってくる 生命力を想起させる。無から起き上がってくるエネルギーの依拠を探る⼿段を構造体として表現し解剖した。野ざらしにされた「内側」にも物語 は宿っているのだろうか。『宝誌和尚立像』11 世紀頃

生命やエネルギーの発露として創造した作品がその内側に暴力装置としても機能しうる形態をなしていることは、偶然にも昨今のミサイル発射関連のニュースを目にするたびに複雑な綾を感じさせる。

 

フィボナッチ11

『SOKKI_宝誌フィボナッチ』のためのスケッチ f6

 

フォボナッチ22

『SOKKI_宝誌フィボナッチ』のためのスケッチ f6

 

フィボナッチ3

『SOKKI_宝誌フィボナッチ』のためのスケッチ f6

 

マケット

『SOKKI_宝誌フィボナッチ』mockup サイズ可変

 

 

 

-17

 

左『蛮勇引力・SOKKI・寒山拾得図』より拾得図 2015 H1900mm x W1500mm(額込み)

右『蛮勇引力・SOKKI・寒山拾得図』より寒山図 2016 H1900mm x W1500mm(額込み)

神郷紙・典具帖紙・石州紙・墨・胡粉・水干絵具・木製パネル・栂

ある種のヒッピーとして生きる二人の怪僧、世俗に溢れる規範意識の外側から寛容さを説く。その奔放さは見る者に世俗的な規範から外れている存在に対する憧れを抱かせ、自分は理解しているというおごりをあざ笑う。米国国民的画家【ノーマン・ロックウェル】と洋行帰りの【浦島太朗】は時代に包摂された者と排除された者の対峙と友情を描く。立場によって都合良く物語は書き変わってしまい。官房長官曰くの「蛮勇」ともなりうる。グローバル化して いく世の中を葦の髄から天井を覗く。イスラムの砂漠から。

 

エチュード1

SOKKI_エチュード01』 s6

 

エチュード2

SOKKI_エチュード02』 f6

 

 

 

個展情報詳細

四宮義俊個展 『顕現SOKKI』
■会場:アートスペース羅針盤
■会期:2017年9月18日「月」〜9月23日「土」
■ 開廊時間:午前11:00 – 19:00(最終日のみ17:00まで)
■ 〒104-0031 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル2F
■TEL & FAX : 03-3538-0160
■助成:公益財団法人吉野石膏美術振興財団
■ 東京メトロ銀座線京橋駅から徒歩2分
■ 都営浅草線宝町駅から徒歩2分

保存

保存


Leave a comment

個展終了しました。

日付過ぎてしまいましたが、7月9日無事個展終了しました。トークイベントを含めお越し頂きました皆様ありがとうございました。今展示は企画された当初と比べ、河合塾の先生方のご協力もあり作品数も展示形体も徐々にスケールアップしていき、自分が思っていたよりもずっと充実した内容になった思います。ご協力いただきました皆様ありがとうございました。

また時間のある時を見計らって今回の個展の作品ページを作りたいと思います。9月にはまた個展を準備しております。現在作品を鋭意制作中です。

mado

 

 

 


Leave a comment

●アーティストトーク「多彩な活動のもとにあるもの」詳細について。

河合塾美術研究所の方から当イベントの詳細が発表になりました。
当日は河合塾内の模擬試験と連動した企画になるため、混雑が予想されるとのことで、当日整理券などを配布する流れになりました。お手数ですが、ご来場を予定してくださっている方は下記の詳細に目を通していただけると助かります。整理券の配布となるようです。皆様のご来場お待ちしております。

 

四宮義俊さんトーク「多彩な活動のもとにあるもの」お知らせ
当塾Gallery kartで展示中の四宮義俊さんによる、日本画からアニメーションまでの広い活動の秘密を探るトーク。藝大をめざした頃から大学時代、そして、社会に出られてから活動の幅を広げた経緯を回想いただき、そこに通底する「描くこと」の大切さや意味について話していただきます。関連画像、映像あり。
日時:6/18(日)14:30-16:00
場所:河合塾美術研究所新宿校
入場無料
整理券配布
時間:11:00~
場所:河合塾美術研究所1階受付カウンター
*受付でご記名願います。
*14:20開場。14:15までに必ず1階ロビーにお戻りください。
*当トークは芸大模試関連イベントで、模試受講者席が事前に確保されていることをご了承ください。
*主に会場前部ではトーク風景を撮影いたします。

*満席になり次第、整理券配布を終了いたします。

そのあとは最後部立ち見か、1Fでトークライブ映像鑑賞の選択となります。
記事元

河合塾美術研究所http://geidaiblog.kawai-juku.ac.jp/tokyo/

 

●アーティストトーク「多彩な活動のもとにあるもの」

2017年6月18日(日)14:30~16:00
場所:河合塾美術研究所・新宿校館内(当日ご案内いたします)
入場無料・申込不要

 

スケッチ紹介④
2IMG_6203a2
2005年頃 東京大学三崎臨海実験所 旧本館 スクラッチタイル貼りの建物は大正〜昭和初期の流行。
scan-001 27
  2016 泉寺境内

保存

保存


Leave a comment

スケッチ紹介③ 河合塾美術研究所Gallery Kart四宮義俊展「描くことから始まる世界」

Kart Invitation Program Vol.8 四宮義俊展「描くことから始まる世界」

今回の展示用に準備したスケッチがたくさんありますので、定期的に紹介していきたいと思います。 実際の会場では動物、植物、人物等ジャンル別に展示しています。古いものは2000年前後のスケッチもありますがジャンル別ですので、最近のものとごっちゃに展示されています。

個展詳細

河合塾美術研究所Gallery Kart

http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/institution/gll/058.html

会期

2017.6/12(月)~7/9(日)
10:00〜18:00(会期中無休/日・最終日は16:00まで)/入場無料
会場 河合塾美術研究所新宿校 Gallery Kart
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-14-5 河合塾美術研究所1F
企画 Gallery Kart 実行委員会
協力 株式会社アートプリントジャパン
川口直樹 様
お問い合わせ フリーダイヤル0120-327-414

●アーティストトーク「多彩な活動のもとにあるもの」
2017年6月18日(日)14:30~16:00
場所:河合塾美術研究所・新宿校館内(当日ご案内いたします)
入場無料・申込不要

 

sketch8

2016年 オニノゲシ

 

scan-001 11

カッパドキア 2001

 

28IMG_6919a

2001 カッパドキア

ちょうどこのスケッチをした頃2001年9月の同時多発テロがあり、現地でのニュースに対する温度と、帰国後、日本で感じた温度の差があまりにも大きかったのでよく覚えています。

 

 

 

 

保存

保存


Leave a comment

本日6月12日よりスタートです。Kart Invitation Program Vol.8 四宮義俊展「描くことから始まる世界」

本日6月12日より河合塾美術研究所内のギャラリーでKart Invitation Program Vol.8 四宮義俊展「描くことから始まる世界」が始まりました。大量のスケッチのため展示準備にしばらく追われていましたが、ようやくスタートできました。今回の展示は美術予備校という場所柄、今後、美術の世界に足を踏み入れたいと思っている若い方にもオススメです。是非お越しください。週末には●アーティストトーク「多彩な活動のもとにあるもの」も開催いたします。何卒宜しくお願いいたします。

 

●アーティストトーク「多彩な活動のもとにあるもの」

2017年6月18日(日)14:30~16:00
場所:河合塾美術研究所・新宿校館内(当日ご案内いたします)
入場無料・申込不要

会場合体

一部スケッチを紹介します。

10IMG_6376b

2004年頃 タテガミオオカミ

 

14IMG_6504a

2001年頃 久国寺「歓喜の鐘」

 

9IMG_6362ar

2000年頃

 

sketch12

2015

 

河合塾美術研究所Gallery Kart

http://art.kawai-juku.ac.jp/kanto/institution/gll/058.html

会期

2017.6/12(月)~7/9(日)
10:00〜18:00(会期中無休/日・最終日は16:00まで)/入場無料
会場 河合塾美術研究所新宿校 Gallery Kart
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-14-5 河合塾美術研究所1F

 

 

 

保存

保存

保存

保存


Leave a comment

明日最終日になります。

 

明日最終日になります。

2017企画武田裕子/四宮義俊2人展

アートスペース羅針盤

 

四宮は明日15日「土」は13時以降に在廊しています。ギャラリーは最終日ですので17:00時のまでとなります。

今回は絹を使った緑の新作6点と掛軸2本を置いています。

お越しの皆様よろしくお願いします。

 

アートスペース羅針盤

TEL: 03-3538-0160

2017.4.10.Mon.~4.15.Sat.

営業時間: 11:00-19:00
展示の最終日は11:00-17:00(土)
定休日: 日曜(※最終日17:00まで)

所在地:
〒104-0031 東京都 中央区 京橋 3-5-3 京栄ビル2F
TEL&FAX 03-3538-0160
E-mail info@rashin.net

 

 

 

空隙001_2

空隙001

F40号 ミクストメディア 2017

 

 

空隙002-2

空隙002

f40号 ミクストメディア 2017

 

 

空隙003-2

空隙003

F25号 紙本彩色 2017

 

 

空隙005-2

空隙003

M6号 ミクストメディア 2017

 

空隙004-2

空隙003

M6号 ミクストメディア 2017

 

空隙006-2

空隙003

F4号 ミクストメディア 2017

 

 

武田裕子さんの作品。武田さんはF150号の大作も出品されてます。

takeda2

春の界

 

takeda1

ツキ見る二階

 

 

 

 

保存


Leave a comment

茨城新聞2017年1月19日号 紹介記事

本日2017年1月19日発売の茨城新聞に四宮の活動を紹介していただいたインタビュー記事が載っています。現在使用しているアトリエで取材を受けました。日本画の活動やアニメの活動等にも触れていただいてると思います。茨城県近隣にお住まいの方、是非ご購入下さい。

 

daiji_L

 

http://ibarakinews.jp/top.php